エイズ 感染経路

エイズの様々な感染経路に注意

性病の中でも特に恐れられている病気にエイズがあります。
エイズは性行為を介して感染するケースが多いわけですが、それ以外にも感染するケースがあります。

 

性行為以外で感染するケースとしては例えば血液感染が上げられます。
いわゆる薬害エイズ事件で知られているようなケースが典型的です。

 

注射の回し打ちも血液感染の主要なルートの一つです。ですが、現在、エイズに対する対策が取られており、日本においては輸血による感染は何らかのミスが無い限りは無いと言って良いでしょう。

 

ただ血液感染自体はあるようです。
例えば、ドラックなどの麻薬を使う人が同じ注射器を使ったりすることで感染するものです。
こうした注射の回し打ちはHIVに感染する可能性があるということはしっかりと理解しておくべきです。

 

現在、医療機関では注射の回し打ちなどは行われていませんが、今後もドラッグ常用者などには、こうした注射器からのHIV感染者が出る可能性が高いと言えます。

 

さて、血液感染以外に母子感染というのもあります。
これは母親がHIVに感染していることで、子供にそれが感染するというものです。

 

アフリカのようにHIV感染者が多い地域では、こうした母子感染により、HIVに感染する子供が多く見られますが、日本ではこうした母子感染は比較的レアなケースだと言えます。

 

母子感染に関しては子供が生まれてきたときに体内で感染するケースの他、赤ちゃんが母乳を飲むことにより感染するという後天的に感染するケースもあります。

 

HIVに感染している母親は子どもに母乳を与えることは控えるべきです。
最後に性行為による感染についてみておきたいと思います。

 

今の日本でのHIV感染はこの性行為が主流と言えます。
男性同性愛者はもちろん、男女間でも感染が増えています。

 

性行為にはHIV感染というリスクがあることを理解し、コンドームの利用など、安全なセックスを行うようにしなければいけません。

 

またオーラルセックスは感染しないという間違った認識が流布しているので、この点は注意しましょう。

 

こちらの記事も参考に⇒エイズの現状について基礎知識