女性 多い 性病 見極め方

女性に多い性病の種類と罹患したと分かるサインの見極め方とは?

性病に罹った時のサインですが、実際に症状が目で見えるものもありますし、自覚症状が殆ど伴わないものもあります。
特に女性の場合は、下半身のデリケート部分にシクシクとした痛みを感じたり、しつこい痒みを伴ったブツブツが性器の内外に発生したりする事が多いです。

 

又、ただの発熱や下痢かと思いきや、これが性病の兆しという事もよくあり、近年配偶者や恋人とセックスやキス等の性交渉を頻繁に行っている覚えがある時は要注意です。

 

近年性病の中でも女性の罹患率が高まっているのが、緑や真っ黄色のおりものがパンツに多量付着するトリコモナス膣炎です。
トリコモナス膣炎は、おりものの中に感染源になる原虫が複数確認されるケースが多く、適切な治療をしないと次第に外陰部の痒みが増し、鼻をツンとつくような悪臭を持ち始めます。

 

又、黄色のおりものの量が排卵期を除いて多く見られる場合は、クラミジアに感染してる可能性も否めず、子宮頚管にまで炎症が肥大していくのが主な病状になります。

 

一方、性病の中でも激しい痛みを生じるのが淋病や性器ヘルペスで、水疱や潰瘍が周囲にたちまち広がっていくのが特徴です。
これらの性病は、一旦症状が鎮まっても体内に一定期間菌が潜む特徴もあるので、身体の免疫力が酷く落ちている時や生理前後などに又症状をぶり返す可能性もあります。

 

一番恐れたいのは、妊娠している時に性器ヘルペスや淋病を再発させてしまうと、胎児の流産や早産に繋がるリスクがグッと高まります。
産道も感染してるとなると、赤ちゃんの身の安全を第一に考えて帝王切開して出産する事も覚悟しないといけません。

 

このように女性にとって性病に罹るという事は自らの健康を損なうだけでなく、子供が将来望めない体質になったり、折角授かった子宝を失ってしまう事も十二分に考えられるので、
未然に防ぐ措置として定期チェックをすすんで受けるのがお勧めです。

 

今は自宅で性病の検査が簡単に行えるキットセットがあり、わざわざ外来の医療機関に行かなくても、専門検査機関から郵送されてきた綿棒で膣の分泌液を摂取したり、
スポイトで尿を採取してポスト投函するだけで後日インターネットのサイトから結果を極秘で知る事ができます。

 

しかも性病を検査できる項目は自分自身である程度選べ、完全に健康上の不安を解消したいなら10種類以上選択する事もできます。
もし将来結婚して切実に子供を望んでいるのなら、入籍前に一度はパートナーも誘って性病のブライダルチェックを受けてみましょう。